2013年07月13日

インターネット生活の不安!



インタネットは非常に便利であることは事実である。

検索に慣れれば調べたいことがすぐ手にはいる。

買い物も簡単に出来るし、場合によってはほとんど

店に行く必要がなく、私のように買い物は来るまでないと

行けないものにとっては非常に便利である。

また、株式の取引などもかってのように、

証券会社の担当者に電話して、

その結果は夕方に証券会社に担当者から電話で知らされた

事から思うと今はクリックすればすぐに注文が出来、

約定すればその結果はすぐ判明する。

その上に手数料も非常に安い。

(ただ、これはうっかりして誤発注したり、安易な注文をして

失敗する副作用はあるが)

また、銀行振り込みなども家にいながら簡単に出来る。

これらの利点は非常に便利でありがたい。

ただ、最近はこの便利さを悪用するものが増えているのは嘆かわしい。

何とか成らないものかと常に思うことである。

そのうえにパソコンには、行動を監視している機能があるのが

なんとなく監視されているようで不安である。

また、最近問題となっている米国による情報の取得、監視など

権力者による国民への監視行動がエスカレートすることが懸念される。

この様な不安が増大してくると、

計算機はほとんど計算にしか使用しなかった頃が懐かしくなる。

時代には逆行してしまうが!
【インターネット生活の最新記事】
posted by カナサト at 21:50 | Comment(0) | インターネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月27日

もし、放射線が見えたとしたら?




もし放射線が見えたとしたら、

野菜、肉、魚など食品は光って見えるだろうから、

そのような品物を買ったり、食べたりすることは無くなるだろう。


だが、空気中から入ってきた放射性物質(RI)や誤って食べた食品を

体内に取り込めば、体外からでも放射線物質(RI)が何処にあるか

よくわかるだろう。


そしたら、人体の骨組みや臓器の場所が他の人にもわかるようになる。

多分、大騒動になることだろう?
posted by カナサト at 21:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。